BLOG

モモ

おはようございます、ー結ー整体院の伊藤です。



皆さんは『モモ』という本を読んだことがありますか?



私がこの本に出会ったのは中学生の頃で、学校の図書館で見つけました。



時間泥棒たちに盗まれた時間を取り戻す女の子のお話です。



とても魅力的なお話で、何度も本を借りて読んでいました。

この物語の何が魅力かって、


作者ミヒャエル・エンデさんがこの『モモ』を世に出したのは、1973年。



でも、私が大人になった2000年代、



この本に出てくる、時間泥棒たちに時間を盗まれて、


いつも『時間』に追われている町の人たちと同じ光景を、


自分の生きている世界でも見ているという事、


そして自分も、同じ体験をしていたということ。



まるで予言したかのような、現代社会を映し出している本です。



この本の作者のあとがきに、


この話は、汽車で乗り合わせた相客から聞いた話をそのまま本にしたもの、と綴っています。



その相客が最後に、『過去のように話しましたが、将来起こる事のように話してもよかったんですよ』と言い残しています。


ね?ミステリアスでしょ?

いつの時代でも、何歳であろうと、

自分に起こり得る事なんだと思います。



忙しい忙しいと、時間に追われている時は、


きっと『時間泥棒に時間を盗まれてしまっているんだな』と思って、


取り戻してあげて下さい。



この物語では、モモという少女が町の人たちの『時間』を取り戻してくれましたが、



私は、この『モモ』は、多分みんな『なれる』と思っています。



『気づいた人』は、みんなモモになれます。


大丈夫です。




『時間』て、不思議です。



自分の中で、ただ流れているだけなのに



『時間に追われている』『時間がない』なんて言葉で、時間を責めてしまっています。



私も前はこの言葉をよく使いました。


でも、今は使わないようにしています。



時間に罪はないからです。



みんな平等に流れているものだから。



私が、急かされているなと時は、

自分の時間の使い方が悪いだけだなって思って、



『軌道修正』します。



他人から見たら、『効率が悪い』と思われるかもしれないですけど、


自分のリズムを整える為の『軌道修正』は大事だと思っています。



みなさんも、なんか急かされてるなって思った時は、軌道修正してみて下さい。



『時間』は作り出せないですが、


『意識』と『行動』で自分の中の『時間リズム』を生み出すことは、


可能ですよ☆

   

 -

  おすすめの記事

Copyright© ー結ー整体院 , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP