BLOG

宮川大輔、首が痛いのは精神的なものと診断された件に関して

おはようございます。

イッテQ大好きな伊藤です。

5月20日(日)に放送されたイッテQ。

お祭りのコーナーでは、恒例の楽屋に突撃の場面ありましたね。

宮川は「針とかマッサージに行ったら、首が痛いのは精神的なものと言われた」と言っていました。

実は首が痛い人は大きく分けると2通りあるんです。

1つ目は、首の歪みによって筋肉が凝ってたり張ってたりする痛み。

2つ目は、関節の硬さが強く、身体が緊張していることで出る痛みです。

多分、宮川は2つ目の方の痛みだと思います。

1つ目の方は、歪みを整えて筋肉の硬さを緩めると比較的すぐに痛みは取れます。

ただ2つ目の方が結構厄介で、なかなかすぐに改善が難しいです。

何が厄介かというと“緊張しやすい”というのが、“無意識”という所です。

本人はそんな事なくても、勝手に身体が緊張してしまう、力が入ってしまう、神経を張りつめてしまう…というのがあるのです。

宮川が「精神的なもの」と言われたのは、こういう事だと思います。

施術自体は、とにかく緊張を解いてあげる調整に徹します。

1回の調整で痛みは取れても、2・3日するとまた無意識な緊張から痛みが出てきてしまうので、小まめな調整で緊張しやすい状態から早く解放してあげることが重要になってきます。

お客様自身もどういう生活がリラックスできるのか、身体に合っているのか、探っていく必要があります。

宮川もリラックスできるスタイルを見つけてほしいですね。

なんでしたら施術しますよ!!わっしょい☆

   

 -

  おすすめの記事

Copyright© ー結ー整体院 , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP